東京から前撮りをしに京都にお越しの皆さまへ

青空の下で和装前撮り

全国的にやっと梅雨が明け、いよいよ夏到来となりましたね!
今年の梅雨は本当に長かったですね。
夏が短くなりそうですが、早速の猛暑も辛いところ(笑)
熱中症対策は万全に、今日も一日頑張りましょう(^―^)

さて、本日のブログ【東京から前撮りをしに京都にお越しの皆さまへ】というタイトルの通りではありますが、全国どなたでも当てはまります!
ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです!

遠方からの予約ってどれぐらい?

新幹線

全国各地で前撮り業者さんがたくさんありますよね。
前撮りも大きく2つに分けるとドレス等の「洋装」と、色打掛や白無垢等の「和装」に分かれます。

筆者は京都にて和装前撮りのみを展開しておりますが、決して近畿圏の人だけが京都で前撮りをしているわけではないんです。
むしろ、近畿圏以外のお客様が8割以上を占めているというのが現状です。

ですので、ほとんどのお客様が事前の衣装合わせ等はなしで、当日のみお越しになる方ばかりなんです。
「事前に衣装合わせがなくて不安」という方は、安心していただいて問題ないかと思いますよ( ´ ▽ ` )ノ

圧倒的に多いのは東京や関東在住の方

東京の街

先述した通り、近畿圏以外のお客様が8割超えですが、その中でもどこからお越しになる方が多いのか。
これは間違いなく「東京・関東方面」のお客様です(^―^)
東京や千葉、神奈川、埼玉辺りの方がとても多い傾向にあります。
次いで愛知、岐阜や近畿圏の方が多いです。(※弊社比)

なぜ東京で前撮りせずに京都で前撮りするのか?

東京などから前撮りをしに京都にお越しになるほとんどの方が「和装前撮り」をご希望される方です。
もちろん東京にも和装前撮りできるロケーションもあるのでしょうが、どちらかといえば洋装ロケーションに強い様ですね。

関東圏からお越しのお客さまに「失礼ですが、なぜ京都へ前撮りしに来たんですか?」と、素朴な疑問があったのでお聞きしましたところ、この様な回答でした。

「東京と違って京都は街全体が和装の映える場所ばかりだから」とのこと。

夏の渡月橋で和装前撮り
夏の大覚寺で和装前撮り
夏の東山で和装前撮り

全国屈指の名勝地である嵐山や、たくさんの神社仏閣、古都の街並み。
当たり前に京都に居る筆者ですが、とても恵まれた美しい環境が京都には残っているということを、お客様にいただいた言葉で再認識しました。

東京と京都の桜と紅葉時期の違い

お問い合わせでよく勘違いされている人が多いのですが、東京と京都では紅葉や桜が見頃になるタイミングが違います。

全国秋の紅葉マップ2019

こちらが2019年の全国紅葉マップです。
例年通りであれば、京都の紅葉の見頃は11/20頃〜12/5頃までになります。
京都でも場所によって紅葉が早い場所と遅い場所があり、12月上旬が一番美しい見頃となるロケーションもありますよ(^―^)

全国春の桜開花マップ2020

こちらは2020年の全国桜の開花マップです。秋と同様、春の桜の見頃も違いますね。
全国で見頃の時期が違うのは当たり前だとお分かりかと思うのですが、ご自身がお住まいの地域の見頃になる日程でご予約される方が多いんです!

もしその日程のままでご予約成立してしまい、実際に行ってみると全然見頃じゃない!なんてことがあるかもしれません。
「必ず前撮りする地域の見頃の日程に合わせること」が非常に重要なので、事前にチェックしてくださいね!

また、予約時に希望の日程が見頃の時期かどうかの質問をすることで二重チェックになりますよ(^―^)

衣装合わせなしでも大丈夫か

白無垢と絞り柄の懐剣はこせこ

遠方から京都へ前撮りでお越しになるほとんどの方は、事前の衣装合わせにお越しになることはございません。
ただでさえ、お仕事等でお忙しいでしょうし、交通費だって馬鹿になりません。

ご予約される会社に、事前の衣装合わせに伺えないことを伝えておきましょう。
ほとんどの会社は問題なく受付してくれるかとは思いますのが、念のために確認しておくのが良いでしょう(´∀`)

事前に希望の衣装を確保できるか

白川で和装前撮りを楽しむ新郎新婦

「秋の予約を早い段階でしたのに、希望の衣装は来店した時しか選べない。」
そんなことがあるかも知れません。
新婦さまは衣装重視される方が非常に多いかと思いますので、せっかくなら可愛いと思った衣装で前撮りしたいですもんね(*´∀`)
予約段階で希望の衣装を確保できるのか、念入りに確認をしておいてくださいね。

当日の衣装変更確認

竹林で和装前撮りする新郎新婦

事前に希望の衣装は無事に確保し、いざ撮影当日に試着してみると。。。
あれ?なんか違う。。。

WEBで見るのと実際に着用するのでは、やはり違って感じることもあります。
その際に他の衣装に変更可能かどうかの事前確認もしっかりしておきましょう!

気に入らない衣装で前撮りしても、気持ちがのりませんよね。
可愛いと思う衣装を着て、可愛い前撮り写真をたくさん残したいですよね(*´∀`)

前撮りアイテムや小物の持ち込み確認

和装前撮りアイテムを使った撮影

前撮りするなら、いろいろな前撮りアイテムも持ち込みたいですよね!
前撮りポーズ特集第二弾!今回は前撮りアイテムを使ったかわいいポーズをご紹介♪】を参考に購入するも良し、自作してみるも良し!

ですがここも事前に要チェック!
会社によって様々で、持ち込みアイテムは3点まで!と制限があるところや、持ち込みNG、持ち込み大歓迎のところもあります。

ここで要注意なことは「たくさんのアイテムを持ち込むと撮影時間が長くなる=重たい衣装を着た新婦さまの体力がみるみる奪われる」ことです。

更には履き慣れていない草履を履いて移動しますので、長時間になるほどにお身体への負担が大きくなります。
特に肩への負荷が大きいので、途中から肩が悲鳴をあげて、新婦さまの笑顔を少なくなってくるなんてことも。・゚・(ノД`)・゚・。
前撮りアイテムはたくさん持ってくるよりも、厳選した方が何かとスムーズになります。

前撮りが終わる予想時刻を確認しておく

竹林を歩く新郎新婦

無事に撮影が終わったものの、お帰りの新幹線や飛行機の時間に間に合わなかった。。。
そんなことがない様にする為にも、事前に終了時刻を確認しておくことも大切です!

予約した会社に終了時刻を聞けばお答えしていただけるはずなので、こちらも事前確認しておいて損はないです。
終了時刻がわかれば、帰るまでの時間もより有意義に使うことができますよ(^―^)

雨天時の日時変更や撮影等の対応

和傘を使った和装前撮り

撮影当日の天気予報が生憎の雨だった場合、日時変更が可能かどうかの事前確認も大切です。
日時変更する場合は無料か有料かをきちんと聞いておきましょう。

また、変更日に事前に確保していた衣装を着ることは可能かどうかの確認も必ずしておいてくださいね!
どうしても日時変更が難しい場合、雨天撮影できるかも確認しておきましょう。

まとめ

青空の下でプロポーズ

今回のブログでは東京から京都へ前撮りでお越しになる皆さまへスポットを当ててみました!
もちろん東京以外の方も当てはまる記事となってますので、少しでも事前準備の参考になれば幸いです。
少しでも皆様が前撮り当日を気持ちよく迎えることができれば幸いです(^―^)


京都前撮り*京ウェディング

  • TEL:075-366-8386
  • 住所:〒616-0014 京都府京都市西京区嵐山谷ヶ辻子町44-31
  • OPEN/CLOSE:10:00~19:00
  • ホームページ:https://kyo-wedding.com/

過去のブログ