京都の前撮りは早朝がおすすめ!その理由と注意点を解説*

早朝の京都

京都で「前撮り」や「フォトウェディング」で検索するとよく目にする「早朝撮影」「早朝がおすすめ」といったワード。
なぜこんなにも早朝の時間帯の来店や前撮りをおすすめしているのか疑問に思ったことってないですか?(´・ω・`)
今回はそんな皆さまの疑問がカンタンに解決できるブログとなっております!
ぜひぜひ最後までご覧ください*

人が少ないので写り込みが軽減できる

早朝の嵯峨野の竹林で和装前撮り

もうほとんどがこれ!
これが最大の理由なんです!
京都は国内屈指の観光地でもあり、全国から観光客が訪れる場所でもあります。
近年はコロナ禍ということもあり観光客が激減しておりましたが、今年の春やゴールデンウィークは昔の混雑していた京都を彷彿させるほどの人出となっております。

京weddingにご依頼いただいたお客さまには、こういった理由を説明した上で早朝からの前撮りをオススメしております(^―^)
せっかく前撮りをするために京都へお越しになるんですから、可能な限り他人の写り込みを軽減したいのが本音ですよね◎

他の業者さんも少ないのでスムーズな和装前撮りができる

春の東山八坂で和装前撮り

そうです!
多いのは観光客だけではないんです*
京都は国内屈指の観光地であると同時に、和装前撮りをするために全国からたくさんの方が訪れる場所でもあるんです(^―^)
つまり、ご希望のロケーションに到着すると他社の業者さんと新郎新婦さまがたくさんいるケースがあるということです!

しかし早朝にご来店されて早い時間帯から前撮りをすれば、業者さんも比較的少ないので問題なく前撮りが行なうことができます◎
ロケーションや時間帯によっては、撮りたいスポットに違う業者さんと新郎新婦さまが長時間撮影して動かないなんてことも。
ロケーション撮影はスムーズに撮影し、場所を専有せず譲り合ってみんなが気持ちよく撮影するのが暗黙のルールかつ鉄則なんですが…ね(´・ω・`)
そういった無駄な待ち時間や他社とのバッティングを避けるためにも、早朝のご来店、早朝の前撮りがおすすめです*

ロケーションまでの移動も早朝ならスムーズ

愛車と一緒に和装前撮り

これが意外と盲点なメリットかも知れませんよ◎

観光客や他業者さんの多さはもちろんですが、交通量の面でも早朝の前撮りがとてもオススメなんです(^―^)
京都は道幅が狭い道路も多い上に、バスやタクシーが非常に多く走っている地でもあります。

その上に通勤時間帯の車の多さが重なってしまうと、京都市内の道路はかなりの混み具合いに。
お支度まではとてもスムーズな流れだったのに、道路が大渋滞でロケ地に着く頃にはどっと疲れが…なんてこともあり得ます(`;ω;´)
そして渋滞によるもうひとつの心配事が。

色打掛で和装前撮り

着付けの影響で長時間座っていると疲れる

普段着と違い、和装を着用されている状態で座っていると、着付けの兼ね合いで新婦さまのお体にはご負担になる傾向があります。
ずっしりと重い婚礼衣装は立っている状態でもご負担になりますが、座っている状態でも圧迫されてしまうんです。
撮影が始まってからは体力勝負な面もありますから、できれば移動中の疲れは回避したいですよね。

とはいえ、ロケーションまでの移動は車になることがほとんどかと思います(´・ω・`)
楽しく笑顔で前撮りを完走するためにも、交通量の少なくスムーズにロケ地まで行ける早朝のご来店をオススメします◎

新緑や夏の前撮りは早朝が一番涼しい時間帯

新緑の嵐山で和装前撮り
夏の嵐山で和装前撮り

京都の夏はとにかく暑い!
暑いんです!(`;ω;´)
そんな猛暑、酷暑の中で着用して和装前撮りをするというのは本当に大変なことなんです。
炎天下の下で毛布に包まっている想像をしてみて浮かんだイメージがそれです(´・ω・`)

新緑の時期は涼しい日もありますが、5月に入ると日中はかなり暑くなってきます。
しかし早朝だとまだまだ涼しい日も多いので、日中に撮影するより幾分楽です(^―^)

真夏の京都で和装前撮りをする場合は、絶対に絶対に早朝来店してくださいね(´・ω・`)
新緑の時期の京都や夏の京都で和装前撮りをされる方は、ぜひ下記リンク先のブログもご一読ください*

【新緑編】京都の和装前撮りガイド
【新緑編】京都の和装前撮りガイド
京都の和装前撮りでも2大人気の「春の桜」と「秋の紅葉」ですが、それに並ぶぐらい人気なのが新緑の季節!
夏の前撮りで準備することや注意したいこと【和装ロケーション編】
夏の前撮りで準備することや注意したいこと【和装ロケーション編】
冷夏といえども、湿気の多い日が続いていますね。 梅雨が明けたら本格的な夏到来! 暑さは例年7月や8月はもちろん、9月末ま…

大人気の春と秋の京都前撮りは絶対に早朝を選ぶべし

春の嵐山で和装前撮り
秋の嵐山で和装前撮り

先程の話だと「じゃあ涼しい春と秋ならお昼からでも良いかな」なんて思った方!
春と秋の京都で前撮りをされたい方は、絶対に早朝の時間帯にご来店することをオススメします◎

春は桜、秋は紅葉といった2大観光シーズンとなりますので、観光客と前撮りをする方が年間で一番多くなるシーズンでもあります。
そうなると交通量もかなりのものとなり京都は大渋滞が起こります。
ここまで言えば伝わりますよね(^―^)

また、気温的には春秋の京都の早朝はかなり冷え込むこともありますので、防寒対策は必須になります。
春と秋の京都で前撮りされる方は、ぜひ下記リンク先のブログもご一読ください*

【秋の紅葉編】京都の和装前撮りガイド
【秋の紅葉編】京都の和装前撮りガイド
京都の和装前撮りで圧倒的人気を誇る紅葉シーズン。 1年の中で最もご来店数が多くなるのが秋なんです(^―^)
【春の桜編】京都の和装前撮りガイド
【春の桜編】京都の和装前撮りガイド
京都の和装前撮りでも圧倒的に人気な秋と並ぶ2大人気シーズンのひとつ、春の桜シーズンの和装前撮り!

早朝来店が難しい場合は人が少ないロケ地を選ぶ

新緑の浄住寺で和装前撮り

どうしても早朝来店が難しい!でも人混みは映り込みは避けたい!
そういう際の前撮りは、ロケーション候補の中から人が少ないロケ地をスタッフに聞くと良いでしょう(^―^)
京都の中でも比較的混みにくいロケーションもありますので、そちらをお選びになるをオススメします。
ですがどうしても撮りたいロケーションがある場合は、時間帯や人の多さ、映り込みなんて気にせず目一杯前撮りを楽しましょう!

早朝来店で予約する際の注意点

早朝料金が発生するケースがある

ご予約される際に必ず確認して欲しいひとつが、プラン料金と別途に早朝料金が発生するかどうか。
5,000円〜10,000円を超える会社もありますので、トラブルを避けるためにもご予約前にはちゃんと確認をしておきましょう(^―^)
京weddingでは早朝料金一切なしなので、安心して早朝来店でご予約してくださいね*

早朝来店の時間帯を確認する

こちらも会社によってバラバラです。
早朝といっても一番早い受付時間帯が7時かも知れませんし8時かも知れません。
ご予約された会社に一番早い受付時刻を確認しておくと良いでしょう◎

ショップまでの行き方を調べておく

早朝来店をされる場合、公共交通機関が動いていない場合もあります。
前泊される方も多いかと思いますが、宿泊先からご予約されたショップまでのルートを事前に調べておいてくださいね◎
時間帯によっては電車やバス、またはタクシー移動になるのかを調べておくことで朝からバタバタしなくて済みます(^―^)
こんなことで遅刻してしまうと、せっかくの早朝来店の意味がなくなってしまいますからね(笑)

まとめ

今日は検索ワードでもよく目する「早朝」のご来店や前撮りについて解説しました◎
これで少し早朝来店や早朝の前撮りについてご理解いただけたかと思います(^―^)
皆さまの前撮りにおいて、このブログが少しでもお役に立てば幸いです*
最後までご覧いただきありがとうございました(*´∀`*)


京都前撮り*京ウェディング

  • TEL:075-366-8386
  • 住所:〒616-0014 京都府京都市西京区嵐山谷ヶ辻子町44-31
  • OPEN/CLOSE:10:00~19:00
  • ホームページ:https://kyo-wedding.com/

京都前撮りプラン一覧

おすすめメニュー