和装前撮りの費用を安く抑える10の方法

結婚式をする方もされない方もお考えになるのが「前撮り」のこと。
撮った写真を挙式に飾ったり彩る用途もあれば、挙式はしないかわりに前撮りでの写真を残すといった形も◎
多種多様な理由で前撮りをご検討されているかと思いますが、やはり気になることといえば「お金や費用面」ですよね(´・ω・`)

そこで今回のブログは少しでも前撮りをお安くできる10のポイントを解説!
ぜひ最後までお読みください(*´∀`*)

仲睦まじい新郎新婦

式場ではなく和装前撮りの専門業者を選ぶ

浄住寺で和装前撮り

挙式をされる場合は、その式場でまとめて前撮りも頼んでしまう方が楽な気もしますよね。
ですが前撮り専門の会社と比べて、料金がかなりお高くなってしまうことが多いんです(´・ω・`)
同じところで頼むと打ち合わせも楽かもしれませんが、一度落ち着いてみてください(^―^)
費用がかなり変わりますので、専門で行なっている会社さんも調べてお値段の比較をしてから決めましょう*

そして昨今では「挙式はせずに前撮りだけで十分!」と仰る新郎新婦さまもかなり増えてきております。
将来のためにお金はできる限り蓄えておきたいですもんね◎
これから更にそういったカップルが増えると予想しており、そういった人たちから選ばれるのも前撮り専門の会社です◎

土日祝ではなく平日を選ぶ

白無垢で祇園にて和装前撮り

ほとんどの前撮り業者さんは土日祝日は追加料金が必要となります。
金額は2万円〜3万円+税が相場ぐらいになることが多いです。
とはいえ、どうしてもおふたりのお仕事の兼ね合い的に土日祝しかできない方もいるかもしれませんよね(´;ω;`)
もしご都合がつきそうな方で少しでも和装前撮りの費用をお安く抑えたい場合は、平日の和装前撮りを選びましょう◎

ハイシーズンではなくオフシーズンを狙う

和装前撮りでロケーションフォトをお選びの方は、やっぱり春の桜や秋の紅葉といった、人気のハイシーズンに撮影されたい方が多いかと思います*
反対に1月や2月、夏頃はオフシーズンと呼ばれ、ハイシーズンよりもお安い料金で和装前撮りを利用できることが多いんです(^―^)

シーズンオフ前撮り2万円割引キャンペーン

もちろん京weddingでもオフシーズン中は【シーズンオフ前撮り2万円割引キャンペーン】を開催しており、通常価格より2万円もお安く和装前撮りすることが可能です!
もし桜や紅葉じゃなくても良ければ、オフシーズンをおすすめします(*´∀`*)
また、オフシーズン中の和装前撮りについては【【新緑編】京都の和装前撮りガイド】をご覧ください*

衣装は1着だけにする

白無垢と色打掛

せっかく和装で前撮りをするなら、色打掛も白無垢も着たい!と思うのが本音ですよね。
そのお気持ちはもちろん理解できますが両方を着るとなると、どうしても料金がUPしてしまうんですよね(´;ω;`)
どうしても2着で和装前撮りがしたい!という気持ちが上回るなら撮りましょう!
その方がきっと後悔しないはずです◎

費用的にどうしても難しい、今後のおふたりの未来に備えて蓄えておきたい。
そういった考えの方は無理せず1着を選びましょう◎
おふたりにとって、何がベストで何が後悔しないか、よく話し合ってくださいね(^―^)

衣装のグレードアップ料金がかからない店を選ぶ

嵐山で和装前撮り

打ち出し価格がとっても安い業者さんもありますが、ほとんどは衣装の追加料金がかかるんですよね(´・ω・`)
お安いプランを利用すると、選べる衣装も3着ほどで、デザインも全然可愛くないことも。
インスタグラムやホームページでよく見かけるあの可愛い衣装が着たくて訪れたのに、それを選べばまさかの数万円UPすることも(´;ω;`)
どちらの会社さんでご予約するか決める前に、必ず衣装のグレードアップ料金が不要か否か確かめてくださいね!
京weddingではどちらのプランでもすべての衣装をお選びいただくことが可能となっておりますのでご安心ください◎

オプションの追加をしない

春の嵐山で和装前撮り

着たい衣装が決まったあとに気になるのがオプション類ですよね。
白無垢でかぶる綿帽子、色掛下やはこせこセットや半衿といった、おしゃれ花嫁さまや可愛くコーディネートしたい花嫁さまには特に人気のオプションです◎
しかし、これもチリツモなので、ご要望を増やせば増やすほどに費用が増すばかり(´・ω・`)
どうしても譲れないオプションがある場合は選ぶことは大切だと思います◎
ただ、雰囲気やノリで「あれもこれもつけちゃおう!」といった考えはやめて、一呼吸おいてみましょう(^―^)

ロケーション使用料が無料のロケ地を選ぶ

嵯峨野の竹林で白無垢で和装前撮り

前撮りをする場合は、スタジオかロケーションのどちらかをお選びになるかと思いますが、大半の方はロケーションでの和装前撮りをご希望されます。
特に京都での和装前撮りをお選びの方は、街並みや有名な観光地で和装を着て歩き、観光も楽しみながら前撮りをしたい方が非常に多いのです。

ロケーションもたくさんありますが、例えば神社仏閣での和装前撮りをご希望された場合は、どうしても利用料が発生します。
ご希望のロケーションが無料ロケーションなら問題ないのですが、もし有料ロケーションの場合はよくお二人で話し合ってくださいね◎

早朝料金がかからない店を選ぶ

東山八坂で早朝和装前撮り

インスタグラムやSNS等のWEBにあがっている写真をみると、ほとんど人が写っていない写真ばかりですよね。
編集時にフォトショップで歩いている人を消しているのかというと、もちろんそんなことはしていません。
ではどうするかというと「人が少ない時間帯に撮影を行なっている」ということなんです(^―^)

例えば京都を例にあげてお話すると、京都は和装前撮りだけでなく、全国各地から観光客が訪れる地でもあります。
皆さまが桜や新緑、紅葉と合わせて和装前撮りを考えている様に、観光で訪れる方も同じ様に見頃のタイミングを狙ってたくさん訪れるのです。
とはいえ、観光で訪れる方はそんなに朝早くから来ることはほぼないので、和装前撮りはその混まない時間帯=早朝を選ぶのがベスト!
しかし早朝のご来店の場合、有料の会社さんもございます。時間帯によって値段が高い場合も。
せっかくの和装前撮りですから、人が極力映り込まないことが望ましいですよね(´・ω・`)
ですので費用を抑えることを考えれば、早朝料金不要の会社さまを選ぶか、もしくは早朝料金がかからない時間帯に依頼するかです*
京weddingでは早朝料金は一切不要です!
朝6時でももちろん不要なのでご安心ください(^―^)

料金プランの仕組みが明瞭な店を選ぶ

明瞭な料金プラン例

普段皆さまがかかわることのない前撮りやウェディングの業界。
馴染みがないからこそ疑問だらけになるのに、とにかく不明瞭かつ不親切な料金プランやホームページがとても多いですよね(´・ω・`)
知りたい情報を得ることができず、ホームページをみるとストレスに感じてしまうこともあるでしょう。
そういった不明瞭な会社さまをお選びになって、蓋を開けてみると追加料金増し増しになるなんてケースもありますから避けた方が良いでしょう◎
しっかりと理解した上でご予約をすすめてくださいね(^―^)

事前準備をしっかりと行う

手を取り合う新郎新婦

兎にも角にもこれが一番重要です!
何事も事前の段取り、準備が大切です。
先述の通り皆さまに普段から馴染みのない業界でしょうから、思いつきで急いで予約するとトラブル生み出す原因にもなります。
まずは予算をしっかり決めて、どこで予約するかしっかり吟味して、そしておふたりでしっかりと話し合ってくださいね(^―^)
そういった時間も一緒に楽しみながらすすめることが、和装での前撮り当日をより楽しくするためのスパイスになりますよ(*´∀`*)

まとめ

これからもどんどんと和装での前撮りをしたい方が増えていくと思います。
それと同時に、費用のことでも悩む方がとても増えていくことも考えられます。
このブログが絶対正しいなんてことはありません。
少しでもお悩みを解決できる糸口になるのであれば本望です◎
おふたりが行う和装での前撮りが、より良いものになることを願っております(*´∀`*)
最後までご覧いただきありがとうございました*


京都前撮り*京ウェディング

  • TEL:075-366-8386
  • 住所:〒616-0014 京都府京都市西京区嵐山谷ヶ辻子町44-31
  • OPEN/CLOSE:10:00~19:00
  • ホームページ:https://kyo-wedding.com/

京都前撮りプラン一覧

おすすめメニュー