京都前撮りロケーション料金と予約時の注意事項をまとめてみました!

和装前撮りアイテムの金と銀の折り鶴

「京都で前撮りをしよう!」と決めたら、まず最初に気になることとして「料金」ではないでしょうか?
もちろん衣装やロケーションのこともありますが、とんでもない金額なら難しいですよね(´;ω;`)
お財布事情も人それぞれですが、これから先のおふたりのことも考えて、できる限り料金は抑えたいですよね!

そこで今回のブログでは、大人気の京都和装前撮りの金額や相場を調べてみました!

京都前撮りロケーションの相場は?

八坂の塔を背景に和装前撮り

おおよその平均相場は、各社の最安値プランを比べると【12万円】ぐらいでした(令和3年5月時点)
皆さまがよくお調べになる検索ワード「京都 前撮り」で調べて、1ページ目にくる各企業の最安値料金プランが、おおよそ12万円でした。
この料金は各社の基本料金を目安に記載しております。

それでは基本プランとはどういったものかを次項で解説いたします(^―^)

京都前撮りロケーションの基本料金とは?

寿型の赤い糸を使って和装前撮り

それでは「基本料金」には、何が含まれるのでしょうか。
ほとんどの企業は以下のものを含んでおります。

・新婦さまの衣装1点
・新郎さまの衣装1点
・ロケーション1ヶ所
・和装小物一式(着物を着る際に必要な小物のことです)
・足袋や肌着
・新郎さまと新婦さまの着付け
・新婦さまのヘアセットとメイク
・ロケ地までの移動車

上記のものをまとめて「基本料金」と総称している企業がほとんどです(^―^)

それでは次項から、基本料金以外にかかる可能性がある費用面を書いていきます!
ここを見落としてしまうと、大誤算になる恐れもありますから要チェックですよ!

基本料金以外にかかるかもしれない費用その1【土日祝の料金】

青もみじが美しい嵐山で和装前撮り

わかりやすく記載されている表示金額は平日料金の場合が多く、土日祝になると料金が追加になる場合がほとんどです。
大体2万円〜3万円ぐらいが、土日祝料金として設定されています。
前撮り希望日が土日祝にあたる方は、一度ご希望の企業さまのサイトの土日祝料金をご確認くださいね(^―^)

基本料金以外にかかるかもしれない費用その2【早朝料金】

嵐山渡月橋近辺の桜の下で和装前撮り

前撮りとしても人気の京都。
それはもちろん観光においても人気の地であります。

前撮りを午後からするとなると、すでに観光客で人だらけ!
どこで撮っても他人がたくさん写り込んでしまうなんてことも(´;ω;`)
そんな事態をできる限り避けるには、観光客が比較的少ない早朝枠でのご来店がオススメとなります。

しかし、早朝ご来店にも追加料金が発生するケースもあります。
「早朝」といっても企業さまによって時間帯や料金も違いますので、何時来店からが早朝料金になるのか確認しておいた方が良いですよ(^―^)
何時にご来店されても早朝料金一切不要!といった企業もありますので、いろいろな企業さまのホームページをご覧になってくださいね。

基本料金以外にかかるかもしれない費用その3【ロケーション使用料】

嵯峨野の竹林で和装前撮り

おふたりがご希望されたロケーションが場所によっては料金が必要な場合もあります。
特に神社仏閣は必ず使用料が必要となります。
ここで注意してホームページを確認してほしいのが、同じ神社仏閣をロケ地として扱っている企業でも、使用料の金額が違う場合があります。

つまりAというロケ地で撮影をしたいとする場合、B社なら使用料3万円、C社なら5万円なんてこともあります。
また、京都前撮りとしても観光地としても、大人気のロケーション【嵐山】は、ほとんどの企業が有料となります。
弊社は嵐山でも嵯峨野の竹林でもロケーション料金は不要ですのでご安心ください(*´∀`)

基本料金以外にかかるかもしれない費用その4【衣装のグレードアップ料金】

和室で和装前撮り

「衣装合わせに行ってみたら基本料金で着れる衣装が数点しかなく、ほとんどの衣装が高額な追加料金が必要だった」といったケースも実際にあります。
人生一度きりの前撮りですから、可愛くてテンションがあがる衣装が着たいですよね!
でもとんでもない高額料金が必要だと、一気にテンションがさがっちゃいますよね(´;ω;`)

そうならない為にも、新婦さまがお気に召した衣装がある場合、グレードアップ料金が必要なのか、一部基本料金内で着用できるのか、はたまたすべてが基本料金内で着用できるのか確認しておいてくださいね(^―^)

基本料金以外にかかるかもしれない費用その5【交通費】

愛車と和装前撮り

これが意外と落とし穴かもしれません。
基本料金に含まれている場合がほとんどではありますが、中にはロケ地までの移動費を自己負担といったケースも。
前撮りという非現実を楽しむ空間に来ているのに、財布を出してタクシー代を払うという、超現実に引き戻すのは個人的にはひどい気がします。

しかしそういったケースもあるので、ロケ地までの移動は企業さまの車やタクシーか、交通費は基本料金に含まれているのかをしっかりと事前確認しておいてください。
万が一交通費自己負担と知らずに遠いロケーションを選択してしまったら、恐ろしいことになりますからね(´;ω;`)

まとめ

これから京都で前撮りをお考えの皆さまが、必ずきになる「料金」の面にスポットをあててブログに書いてみました!
このブログが少しでも皆さまがどこの企業さまにするかの参考材料になれば幸いです。
皆さまがどうか素敵な前撮りができます様に(*´∀`)


京都前撮り*京ウェディング

  • TEL:075-366-8386
  • 住所:〒616-0014 京都府京都市西京区嵐山谷ヶ辻子町44-31
  • OPEN/CLOSE:10:00~19:00
  • ホームページ:https://kyo-wedding.com/

過去のブログ