和装前撮りでいま話題の色掛下を豊富に入荷しました!

色掛下と白無垢で和室前撮り

京都で和装前撮りをお考えの皆さまに朗報です!
特に白無垢での和装前撮りをお考えの方には超朗報です!!
いま和装前撮りで大人気の【色掛下】を豊富に揃えました!!
ぜひ最後までご覧ください(^―^)

和装前撮りでよく耳にする【色打掛】ってどれ?

皆さまが「どの衣装にしようかなー」とお悩みになっている衣装が、一番上に羽織っている「打掛(うちかけ)」といいます。
それに色がある打掛は「色打掛(いろうちかけ)」と呼ばれ、真っ白な打掛を「白無垢(しろむく)」と呼びます。

それではまず、色打掛からご説明!
高級な生地と刺繍で、縁起物の吉祥文様(きっしょうもんよう)の豪華絢爛な柄を施した、花嫁衣装を代表する衣装です(^―^)

色打掛で和装前撮り

柄と色のバリエーションが非常に豊富で、伝統的なものや最近ではおしゃれでかわいいものまで、時代の流れと共に色打掛も良い意味で変化しています。
おおまかに分別すると、白無垢以外の色のある衣装を総称して「色打掛」と呼ばれています。

和装前撮りでよく耳にする【白無垢】ってどれ?

白無垢は文字からもご想像がつく通り、真っ白な打掛のことを総称して白無垢と呼ばれます。

白無垢で和装前撮り

最も格式の高い婚礼正装として、昔から皆憧れの衣装でした(^―^)
また、白無垢には「嫁ぐ相手先の色に染まるために白く清純なままお嫁にいく」という意味もあります。

これから新しい家に嫁ぐ上で最もふさわしいとされる婚礼衣装なのです。
また、白色は日本人にとって神聖な色でもあり、生まれたときに赤ちゃんが着る産着の白、や死者が着る死装束の白といった様に、大切な節目などに白を着用することが多いです。

少々掘り下げて考えると、白無垢の白は「今までの自分は一度死に、新たな自分で相手先へ純粋無垢なまま嫁ぎます」という、ある種の覚悟を模した衣装なのかも知れませんね。

和装前撮りで着る【掛下】とは

まずは読み方から。「掛下」と書いて「かけした」と読みます。
では新婦さまが着用している衣装のどの部分が掛下かといいますと、わかりやすい様に赤色にしてみました(*´∀`)

掛下の説明

掛下は本来真っ白と決まっており、色掛下と白無垢どちらを着用しても、白の掛下の上に羽織る形になります。

白の掛下

しかし時は流れ、和装も少しカジュアルに可愛く着たい!という方が増えてきている昨今。
伝統も残しつつ、少しカジュアルさをプラスして現代風にアレンジされた色や柄のある掛下、それが【色掛下】と呼ばれるものです(^―^)

かわいい色掛下を5色取り揃えました!

赤の色掛下

赤の色掛下

ピンクの色掛下

ピンクの色掛下

黄色の色掛下

黄色の色掛下

青の色掛下

青の色掛下

緑の色掛下

緑の色掛下

一気に5色取り揃えました(*´∀`)
もちろんご予約で確保することも可能ですので、ご希望の方はご予約時に「●色の掛下も希望です」とお伝えください(^―^)

特に春や秋の人気シーズンは、ご希望の色掛下が確保できない恐れもありますので、できる限りお早めのご予約をおすすめします( ´ ▽ ` )ノ

色掛下を着た前撮りの参考例

京weddingで和装前撮りされたお客様で、実際に色掛下をお選びされた方の写真をピックアップしてみました!
白無垢がよりおしゃれに、より映えてみえますよね(*´∀`)

赤の色掛下と白無垢で和装前撮り
赤の色掛下と白無垢で和装前撮り
赤の色掛下と白無垢で和装前撮り
赤の色掛下と白無垢で和装前撮り
ピンクの色掛下と白無垢で和装前撮り
ピンクの色掛下と白無垢で和装前撮り

まとめ

赤の色掛下と白無垢で和装前撮り

掛下を色があるものに変更するだけで、とっても印象が変わることが伝わったかと思います(^―^)
人生に一度しかしない和装前撮りだからこそ、可愛くオシャレに色掛下を着て撮影に臨みたいですよね!

今後もどんどん色掛下や衣装、懐剣はこせこや和装前撮りアイテムを増やしていきますので、乞うご期待ください!


京都前撮り*京ウェディング

  • TEL:075-366-8386
  • 住所:〒616-0014 京都府京都市西京区嵐山谷ヶ辻子町44-31
  • OPEN/CLOSE:10:00~19:00
  • ホームページ:https://kyo-wedding.com/

過去のブログ